此処はいつ閉鎖してもおかしくない、やる気の無い雑記blogです。


by miya0601

しゅーりょー。

本日のBGM:Southern Cross(403)
本日の本:R.O.D第六巻

 先に口直し置いときますね。

http://www.geocities.co.jp/Playtown-Dice/5801/
http://www.geocities.jp/clairvoyance_02/nc_catastrophe.html

 上はギャグ、下はガチで熱いFlashなので、ある程度覚悟してからお楽しみください。以下は種運命最終話の叩きレビューもどきとなっております。レビューというか突っ込みなので、「どこがレビューじゃ!」という苦情は勘弁してください。




 昨日、ついにガンダム種運命が終了いたしました。数日前、友人の廃帝さんと会話してたときに、『最終回のレビューみたいなのがあったら間違いなく食いつきますよ。突っ込みどころ満載だろうからw』みたいなことを言われたのですが……正直何をレビューすればいいんだろう?

 セリフは「あんたって人はー!」とか「シン!」とか、まるで文章になってないセリフばかり。唯一まともな日本語喋ってるレイは恨み節ばっかだし、そのレイにしたって長年の覚悟を敵視してたキラのセリフひとつでガタガタに揺さぶられる始末。シンに至っては、アスランの説得に逆ギレした挙句、止めようと間に入ったルナマリアの行動に『何故か』ステラ死亡シーンをフラッシュバックさせ、暴走してルナマリアに掌のビームを向けるというお前ほんとに主人公なのかと言いたくなる行動ばかり。てめーらの頭に乗っかってるのは帽子掛けかと。
 そのシンですが、撃墜された後意識を失ったらしく、夢の中でステラと再開してやがりました。ステラはまた悟ったかのような内容を伝えないセリフを言うだけで消えていきます。シンはその後すぐ目を覚ましますが、オーブを撃てなかったと知って号泣。この流れから察していただけると思いますが、この野郎は何一つ考えを改めていません。もしエンド後に生身でキラやアスランに会ったら飛び掛るんじゃないかと思います。

 機体に関しても少々。いくつかの機体にはファンネルみたいな物体が装備されてるみたいですが、それを広域展開することによってバリアとする、って……νガンダムのIフィールドじゃねーか! そもそもこのシリーズ、「普通ビームで鍔迫り合いなんてできないから、あの演出禁止」っていうのがあったらしいんですが、その理論だとビームシールドもIフィールドもどきも駄目じゃないのか?
 あとジャスティスのバックパック、前みたいに乗るのかと思ったら飛ばして突撃させてますよ。扱い方はまさにグレートブースターですか。

 何より問題なのは、これで物語が「終わったこと」になってるってことです。作品の焦点は何だったのかという点が徹底してぼかされているわ、TVで説明されてない設定知らないと理解できない展開・演出が山ほどあるわ、キャラの心理や考えの移行がまったく見えないわ、思い込みや被害妄想など主人公なら作中で克服するべき部分を投げっぱなしだわ。別にWの最終話→OVA+劇場版みたいな、戦争そのものに対する答えを期待したりはしないけど、視聴者置いてけぼりにして製作スタッフだけで完結しちゃうのは……やっぱ駄目だろう。
 こういうことを書くと、よく「理解できないのはお前の頭が悪いだけだろ」みたいな返事が来るらしいんですが、このアニメは対象が一部例外を除いて小さいお子さんたちなわけでして。その子たちにアニメの部分だけで伝えたいことを理解しろってのは、幼稚園児に学会に提出できる論文を書けと言ってるようなものです。こう書けば、製作スタッフの独りよがりもいいところだと、理解いただけると思います。


 廃帝さんからは、同じ福田監督がつくったサイバーフォーミュラシリーズを見せていただきました。正味の話、同じ人物が作ったとは思えないほど熱く燃える展開で、食い入って見てしまいました。SFシリーズが終わってから種が始まるまで何があったのか知りませんが、どうしても監督に一言云いたくて仕方がありません。
 廃帝さんごめん、ちょっと福田監督罵倒する。馬鹿にしたWとGの監督に謝れ!!
10/5追記
 両手足をもがれたデスティニーガンダムって、もしかして「勝利の証と墓標代わり」ですかね?


 これ見て不快になった方は、上にあるFlash見て笑うなり感動するなりしてください。癒されたいという方は、↓の放映開始までお待ちください。
http://www.ariacompany.net/index2.htm

 またも宣伝くさくなるこのblog……。
[PR]
by miya0601 | 2005-10-02 12:23 | 日記?