此処はいつ閉鎖してもおかしくない、やる気の無い雑記blogです。


by miya0601

祭りの後………

の方が盛り上がった8/1~8/2(8/3)でした。
今年は私側3名、弟側2名の参加となり、例年と比べると小規模になりました。
その分色々と濃かったけど……。
まぁそれはそれとして、だ。
自分でも何を書きたいのか判らないのだけれど、とりあえず日記。
あ、ニコニコ動画見れる人は「ひぐらしのなく三国志」を見ると楽しくなれるぞ。

○本日のBGM:熱血最強ゴウザウラーより「超熱血合体!キングゴウザウラー」
 歳がバレるような気がするけど気にしないっ!
 必殺技を繰り出すシーンに使われた曲なんですが、バイオリンパートの唸りが凄く良い!
 最終回で使われたシーンは未だに忘れられない思い出です。

○本日の本:越智善彦 「ちょっとひといき よっぱらい」
 先日紹介した「マリーとエリーのアトリエ Second Season」の続きです。
 うん、まだ完結していないんだ。
 できればいつまでも続いて欲しいですね。
 越智先生のライフワークとしてw

○本日のゲーム:KOEI 「三國志Ⅸ パワーアップキット」
 上に書いた「ひぐらしのなく三国志」に触発されてプレイ。
 ……したは良いんだけど、三國志シリーズやるのすげえ久々だから、勝手がわからない。
 慣らすのにちょっと時間が掛かりそうです。
 とりあえず、しばらくはずっと内政のターン!






ネタバレは極力避けていくぜ!


○あかね色に染まる坂
 うーん、あー……えーとね。
 シナリオ展開が期待はずれ。
 なんというか、某プリワルと似たような感じですね。
 事前に期待していた雰囲気じゃないんです。
 正に「期待はずれ」としか言いようが無い。

 描写不足な部分も多々有るんだけど、これは……ちょっとだけ擁護しとこうか。
 ライターがプレイヤーの脳内補完を頼りにし過ぎた感じが見えます。
 AVGというのは、立ち絵やイベント絵の数などから、十分な描写が見込めません。
 特に一人称をとる場合、主人公以外のキャラの内面などは、推測しか出来ません。
 しかしその手のゲームに慣れている人は、ある程度脳内で補完できるわけです。
 つまり、
 「この展開にすれば、こういう風に察してくれるだろう」
 という具合に、ぶっちゃければ甘えてるんです。
  ただ、今作ではその推測するしかない部分を、断片的とはいえ知ることができます。
 それが、前作から受け継いだ、章ごとに入る別キャラ視点が見える選択肢です。
 にも拘らず、後半などの肝心な部分でそれを使わない!
 ちょぅライターよぉ、手ぇ抜き過ぎじゃねぇのか、ぁ?
 あれ、あんま擁護になってねーな?(ぁ

 SPスタートのミコトシナリオは論外というか…これ、「青空」と同じ世界……ですよね?
 これならむしろ出演しない方が良かったというか……。
 青空のユーザーを取り込むために無理やり混ぜたような具合です。
 はっきり言って客寄せパンダ扱い。

 あ、あとクリックしたら音声止めろよ。
 せめてコンフィグにその設定する機能つけろよ。
 ムービースキップの設定よりもこっちが大事だろうがっ!

 前作「青空の見える丘」は突然変異だったようです。
 私のこのメーカーへの評価は、青空以前のものより更に下へと暴落しました。 


○東方風神録 体験版Ver.0.02
 俺はコレを待っていた!
 カスリ音が復活したよー。・゚・(ノ∀`)・゚・。
 やはり東方シリーズはカスった瞬間の音が無いと物足りないぜ!
 大量の弾を連続でカスった時のカリカリカリカリ言う音は病み付きになる快感だ!

 難易度にも若干変化が見られます。
 前よりも少ーしだけ楽になったかな?w
 でも相変わらず、しっかりパターン造らないと即座に詰むのがルナ仕様。
 あと半月、今年も期待できそうです!


○GALAXY ANGEL Ⅱ 絶対領域の扉
 世間では蛇足だとかOP曲だけとか言われてますが、面白いですって。
 なんだか某曲芸の某D.C.2と同じように、前作ファンが過剰反応してるようにしか思えない。
 こっぱずかしくなるようなセリフとかもありますが、この手のゲームにはむしろお約束。
 戦闘パートを友人に見せたところ、
 「これは確かに侮ってた」
 との答えが返ってきました。

 もちろん手放しで褒められる出来ではなく、不満点もあります。
 指揮システムは明らかにELの方がやりやすい。
 更に言えばSTGモードは確実に塵ですね。
 戦闘の勝利条件も敵の全滅や旗艦の撃破ばかりで、バリエーションに欠けます。
 最終戦とその一つ前は、諸事情により負ける要素が見当たりません。
 って、これは最高に盛り上がるシーンだから、構わないんですけどね。
 とはいえ、これらの不満点は前作と比較した場合に出てくるようなものです。
 ゲーム単体で見れば、王道を歩む堅実な面白いゲームという評価になりました。

 シリーズ物はどうしても前作と比較されるのですが……もったいない評価受けてるなぁ。
[PR]
by miya0601 | 2007-08-05 00:13 | 日記?